小竹 大樹


熊谷雑文組合代表兼、編集長兼、雑用人員的な存在。

同組合の「萌兄」「朽葉」「善浪」とは同じ哲学を学んでいた学友でもある。

趣味は

本人も小説などを書いている。組合員の善浪とは「道の駅」愛好仲間として良く旅に出る。

作品の傾向としては時代遅れの全共闘的な感じなので暗くて人気が無い、裏方に徹するのが良いのかなと。

月刊モブでは、そんな訳で短編や中編を載せてます。

まあ、そんな感じなのでよろしくお願いします。



執筆作品ギャラリー


1、『Kの友人』小竹大樹(モブ第一号掲載作品)

inserted by FC2 system