モブ第二号
こちらにて販売↓(331円)
デジタル書房



今回の掲載内容。

文芸誌とは名乗っておりますが、コラムや漫画も収録。今月号からは斜め横の視点から作家陣が、皆さまの悩みに答える『お悩みクロスレビュー』の新コーナーを追加!

連載長編小説『超絶機動ヴィルトゥオーソ』善浪栄一…ロボットバトル小説。遂に次世代GIGSを決めるトライアルが始動、物語が動き出す…。

 『青春群像』加糖コージ…世界のうちにあって、どうしても主役になれない「モブの人たちの物語」今回は図書館が舞台。甘い中にも苦味のある、やるせない青春の1ページ。

 『ウィスパー・ボイス』朽葉…大正時代の東京に生きる吸血鬼が主人公のファンタジー小説。一見すれば人々に溶け込んでいるように見える彼等だが、底知れぬ過去を抱えてるのだ。 

『東京メイドランド』萌兄…メイドさん欠乏症を完治させる為、主人公はメイドさん斡旋会社に赴く、治療のヒントは見つかるだろうか?

 中編読み切り小説『雄鶏』小竹大樹…不条理な世界に本物の感情はあり得るのか?現代社会の孤独と矛盾をあぶり出す野心作。

他にもコラムとして『道の駅列伝』善浪栄一&小竹大樹…関東近辺の道の駅を実際に訪れ、レビューしていくエッセイ。今月は、半日で10件の道の駅を走破するという、ある種間違った観光の形を紹介。

『左手でクリック』環俊次…掲載作品の中でも異彩を放つ青年向けPCゲームレビュー。この手の話題に関しては動物じみた嗅覚を誇る環さんが、ワゴンセールで見付けてきた奇形ゲームを紹介していくコーナー、今回もフルスロットルな内容?

『Sexual晴ラスMEID』萌兄…唯一の漫画作品。遂にメイドさん的生命体との邂逅を果たした主人公は、今までのメイドさんを追い求めてきた人生を思い出す。読者のメイド観を破壊する、メイド漫画、本格始動!

inserted by FC2 system